Resonance Ultrasound Spectroscopy (RUS)

IDMS-N200

とは固体の自由振動の共鳴周波数 から弾性定数を決定する手法であり,原理的には全ての独立な弾性定数を決定 することができます. ダイレクトコンバージョン方式を採用したIDMS-N200は最新のデジタル技術による フルデジタル計測システムです.USB2.0インターフェースにより手軽に高速デー タ収集が可能です.

 

 

共鳴周波数の測定には3点支持型の圧電センサを使用します.このセンサは2本の 圧電振動子と1本の熱電対で構成されており,試料を3点の上に置いて測定を行い ます. 一方の圧電振動子に正弦波信号を入力すると,入力信号と同じ周波数で 圧電振動子が振動して試料に振動が励起されます. 試料の振動振幅はもう一方 の圧電振動子で電気信号として受信されます. 入力信号の周波数を変えながら 振動振幅を測定すると,試料の共鳴数波数と一致する周波数のときに振動振幅が 急激に大きくなり(共振状態),スペクトルにピークが現れます. このピーク の位置から共鳴周波数を決定します. 超音波センサではしばしば音響結合材を 必要としますが,この3点支持型センサでは音響結合材が必要がなく,試料には 自重以外の外力が作用しないためにほぼ完全な自由振動を励起することが可能で す.

 

 

IDMS-N200  主な仕様

  IDMS-N200
   周波数帯範囲
10 kHz - 20 MHz
   ダイナミックレンジ
> 80 dB

   Resolution Band Width

   (RBW)

30KHz, 15KHz, 7.2KHz, 3.6KHz, 1.8KHz, 900Hz, 450Hz, 220Hz, 110Hz, 60Hz, 30Hz, 15Hz, 7Hz

( In case of Gauss Window )

   最大送信電圧
25 Vp-p
   周波数設定
32 bit
   最小分解能
0.023 Hz
   A/D変換
100 MS/s / 16 bit
   寸法
160(W) × 210(D) × 90(H) mm
   重量
1.7 kg
   電源 DC12V/1A
   付属品

AC adapter 100-240VAC 50/60Hz

USB cable

Carrying Case

 

IDMS-200は大阪大学基礎工学部平尾研究室の考案を元に装置化したものです.  <特許 第4065937号>