PDL レーザー超音波光源

 

PDLは非接触超音波検査用に設計された高周波数安定で、初期設定が不要なレーザー光源です.

PDLはMOPA (Master Oscillator Pulsed Amplifier) 方式で、低出力・高安定シードレーザーを増幅して高出力を供給します.
PDLの頑強なフラッシュアンプ技術は、実験室から厳しい工場環境までどのような環境でも使用可能です.
レーザー超音波では、情報は検査部表面から反射されたレーザー光線の中に “コード化” されます. 
レーザー超音波検出器で最適な感度を実現するためには、被試験体への参照光を最大にするのが望ましいです.
商業用CW レーザーで周波数の安定性が確保できるのは通常2Wが限界です.
散乱状態において、この出力では十分なS/Nを提供できません.
PDLはこのような問題を克服するために設計されました.
レーザーは40mまでの光ファイバーで供給することができ、工業用試作機や商用検査システムに柔軟に対応可能です.

 

PDL 仕様
   方 式    MOPA (Master Oscillator Pulsed Amplifier)   
   波 長

1064 nm

   光学周波数安定度 < 10 kHz
   定格ピーク出力 > 500W (ファイバー出力)

   定格パルス幅

> 80 µs

   最大繰返し周波数

100 Hz

   フラッシュランプ寿命

> 200,000,000 (閃光回数)

   寸 法

80 x 67 x 93 cm

   制御インターフェース

イーサーネットまたは RS232C