FPC レーザー超音波検出器

FPCは被試験体が高速移動したり、高温に加熱されたり、汚染地域、真空中に存在する被試験体の超音波検査をレーザー光により可能にします.

 

  • 非接触超音波測定の迅速かつ容易な使用が可能
  • 2MHzから100MHzという、非常に広帯域に対応
  • コンパクトな超近接タイプから動作距離が長い光学プローブまで可能
  • コンピュータによるFPCのパラメータ設定が可能

 

 

FPC は、安定したファブリーペロー干渉計を使用した光学周波数復調器に基づいています.FPCは、テクナーで扱うもっとも感度の良い検出器です.FPCの導入 は、被試験体のレーザー超音波計測応用の開発で実験環境の手段になっています.FPCは、雑音や振動、温度変化、風などの周囲環境から隔離された、光学的 に整った室内環境において、精度の高い実験に用いるのに最も適しています.
オペレーターは、従来必要だった光学系のアライメントをすることなく、用途に応じて容易にプローブを交換することができます.また、FPC内部の検出ユニットを入れ替えることにより、アプリケーションに適応した信号の帯域幅に変更することも可能です.

 

FPC 仕様

非接触超音波ユニット
   方 式 安定化ファブリーペロー干渉計
   低周波数カットオフ

> 1.5 MHz

   高周波数カットオフ 標準15MHz
カスタマイズ・オプション:90MHz
   電子回路構成 プログラムで制御可能なタイミング制御
・データー収集
・発生レーザー
・検出用パルス・レーザートリガー

   寸 法

52 × 51 × 21 cm

検出用レーザー光源

   方 式

低雑音周波数安定 CW Nd:YAGレーザー

   波 長

1064nm または 532nm

   出 力

標準:500〜2000mW
オプション: 外部レーザー光源用ファイバーコネクタ

光学プローブ

   方 式

 ターゲットの参照光と受信光のための一体型光学焦点 

   動作距離

標準: 50mm
カスタマイズ: 1mm〜300mm

   スポットサイズ

標準: Φ2mm
カスタマイズ: 1mm(以下)〜 10mm

 

FPCの用途

  • 高周波数超音波解析
  • 粒径測定など材料内部構造研究と構造解析
  • 航空機材料の欠陥検査と材料分析